[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 靖国神社
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

中国人監督の映画『靖国』の日本国内上映、さらに4館で中止に

東京都内の映画館3館と大阪市内の1館が、靖国神社を題材にした中国人監督のドキュメンタリー映画『靖国 YASUKUNI(Yasukuni)』の上映を取りやめることになった。配給元のアルゴ・ピクチャーズ(Argo Pictures)が3月31日に発表した。

4館は4月12日に上映を開始する予定だった。上映を中止した映画館の1つ、銀座シネパトスを運営するヒューマックスシネマ(Humax Cinema Inc)は「近隣の商業施設に迷惑をかける可能性があるため」と説明している。

同作品には日本政府が助成金を出していることから、国会議員のみを対象とした異例の試写会が開かれていた。
3月18日の時点で、すでに新宿の映画館「新宿バルト9」が「上映スケジュールの問題」のため上映を中止すると発表していた。

中国の李纓(Li Ying)監督が手掛けた同作品は、3月上旬に行われた香港国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞している。
4月1日付け AFP通信より

中国人監督の製作した映画である事、また文化庁の所管法人から助成金が出たという段階で、「あなたを忘れない」といった類の反日プロパガンダ映画ではないかという噂が出て、実際に観たチャンネル桜の某コメンテーターの方は、反日プロパガンダ映画であると断言していた映画「靖国」の上映が中止されている事は、個人的には非常に嬉しく思います。

靖国神社を題材にした映画を製作するのであれば、幕末から現在における日本史と世界史における非常に高度かつ多彩な歴史観と、気が遠くなる程の膨大な知識が要求されるため、日本人であろうと簡単に製作することは不可能ですし、それが外国人であれば尚更です。

しかも、ちょっと調べてみると、この李纓監督は同映画についてのインタビューの際に、以下のような発言をしています。
問 歴史問題で具現されている中国と日本の文化の違いは何か?

答 中国は近代にお化けや神の伝統を打破したが、日本はまだ祭祀に対して畏敬の念を保っている。多くの日本人学者は、彼らの伝統はずっと続いてきたものであり、中国のそれはたえず中断し、頻繁な王朝交替の過程で多くのものが消え失せてしまったと見ている。
彼らは天皇の存在を強調し、自分の国は神の国で、神の国は不滅であり、天皇は最高の象徴であると考えている。これも日本文化の自己優越感の潜在的なエッセンスである。
問題の複雑性はほかでもなくここにあり、彼らは靖国神社の祭祀は天皇の尊厳と儀式であり、簡単にこの伝統を否定すれば、日本の最も重要な儀式はなくなっってしまうと思っているため、それを受け入れない。彼らは戦争の問題と戦争の責任の問題を冷静に持ち出して考えることを知らないのだ。
北京週報「靖国神社ドキュメンダリー映画の制作が初めて完成」2頁目より抜粋

この部分からだけではなく、インタビュー全体を通した印象としても、この李監督は靖国神社というものの存在意義を知らないだけではなく、日本文化に対しても反日国家及び日本左翼特有の思想を持っている人物である事が分かるかと思いますし、「自分の国は神の国で、神の国は不滅であり、天皇は最高の象徴であると考えている。」という指摘も、まるで見当違いですし、日本は神の国であり、不滅であるなどという事は誰も思っていないでしょう。

「日本は古の神により作られた国であり、その神々達は不滅であり今も日本を見守ってくださっている。そして神話の世界から存在している天皇陛下は、その日本という国家を象徴する存在であり、絶対的な存在でもある。」
といった表現が、李監督のような表現を用いるのであれば適切ではないでしょうか。

靖国神社は、天皇陛下の存在を強調するものではなく、国家のために戦い、国の礎となっていった方々を祀る施設であり、大東亜戦争以前から存在している事も、李監督は知らないのでしょうし、「靖国神社は軍国主義の象徴である」という、見当違いも甚だしい視点からしか靖国神社を語ることができず、靖国神社と戦争を冷静に持ち出して考える事を知らないのでしょう。

このような反日思想に凝り固まり、日本という国家に対する理解が著しく欠如した監督の製作した映画など、観る価値もありませんし、上映する意味も全くありません。

人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2008/04/01 19:45】 | 靖国神社 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

日本の国会議員ら、靖国神社参拝

日本靖国神社春季例大祭が23日、最終日を迎えた中、島村宜伸元農林水産相を含めた日本の国会議員らが靖国神社を参拝したことから、韓国や中国など隣国の激しい反発が予想される。
ロイター通信はこの日、島村元農林水産相が東京の靖国神社参拝を強行したと報道した。

一方、21日、靖国神社春季例大祭が始まる際、安倍晋三首相の神社参拝に関心が集まっていたが、今月初め温家宝中国首相が日本を訪問し、安倍首相も中国訪問を計画して両国の間の友好ムードを作ろうとしていることから、安倍首相の神社参拝はないとの見方が有力だ。

安倍首相は昨年4月、官房長官時代に春季例大祭直前、靖国神社を極秘で参拝していた事実が明らかになり、論議を呼んだ。

安倍首相は首相当選後、靖国神社参拝に対して明確な見解を明らかにしておらず、昨年10月に挙行された靖国神社の秋季例大祭に先立って参拝を問う質問に「何回も言ったとおりだ」として直接的な言及を回避した。

靖国神社は東京千代田区にある神社で2次大戦当時の日本軍戦没者とA級戦犯14人を合祀している。これによって我が国を含む隣国は日本首相および政府高官たちの靖国神社参拝を「日本の過去軍国主義の復活」あるいは 「戦争美化」としながら非難してきた。特に小泉純一郎前首相が在任期間、毎年参拝を強行すると韓国および中国と日本との外交関係が大きく冷却した。
4月24日付 中央日報より

靖国神社参拝に対する批判をしているのは、特定国と、その息のかかった関係者だけであり、普通の国家は、そのような民度の低い事はしないという事は周知の事と思います。

また靖国参拝に関して、中共は計画的な内政干渉をしていますが、韓国は病的とも言えるほど感情的で、節操がありません。

この中央日報の記事でも、参拝を強行したという表現が用いられ、まるで「してはならない事をした」とでも言いたげですが、靖国参拝に対する批判・反発という内政干渉を平然と行う姿勢こそが、批判されるべき事です。

そもそも靖国参拝に対する中韓の反発は、反日政策の一環として効果があり、続けていただけですので、反日活動をしなくてはならない他国の事情に、日本が合わせる必要など皆無です。
堂々と「内政干渉だ」と一蹴し、無視するのが一番の得策でしょう。

相手側に反日という目的がある限りは、首相や政治家が靖国参拝をしなければ特定国との関係が良くなるわけがありませんし、参拝をしたら関係が悪くなる事もありませんので、特定国の声に耳を傾け、ほんの少しでも譲歩するべきではありません。

少しでも譲歩すれば、その譲歩が後に何倍にもなって日本を貶める事になる事は、歴史が証明しています。

安倍首相も、日中間の偽りの友好ムードのために、今まで行っていた靖国参拝を自粛する必要などありません。
参拝すれば特定国と反日メディアから、参拝しなければ国民から、批判される事になるでしょうが、どちらにも取る事ができ、勝手な解釈をされるような曖昧な表現を避け、靖国参拝に対する明確な見解をするべきだと自分は思います。


人気blogランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

【2007/04/24 22:36】 | 靖国神社 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |