[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 2007年03月13日
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

外国人参政権付与法案、冬柴氏「1日も早く成立を」

冬柴鉄三国土交通相は13日の参院予算委員会で、公明党が提出し、継続審議となっている永住外国人参政権付与法案について、「相当程度に採決に熟した状況にある。1日も早く成立させるべきだ」と述べた。民主党の白真勲氏への答弁。法案は平成17年秋の特別国会に提出されたが、自民党側に抵抗感があり、現在も審議の見通しは立っていない。
3月13日付産経新聞より

まず、外国人参政権を審議する必要などありません。
公明党の指す永住外国人とは在日朝鮮人であり、日本が朝鮮人の参政を認めることに他なりません。
しかも、韓国人のビザが恒久化され、韓国人の不法滞在者が増えている現在においては最悪の場合、不法滞在者が日本の政治に口を出してくるという事も十分に考えられます。

本当に日本を愛し、日本の政治に関わりたいと思う外国人なら帰化している筈ですし、日本の政治に関わりたいのであれば、帰化するべきです。
日本において彼らは間違いなく外国人であるため、政に関わる権利はありません。

また、外国人参政権が可決された場合、朝鮮人に都合の良い法案が続々と提出されるでしょう。
差別という魔法の言葉に騙される日本人は、まだ多いため、差別という言葉を盾に可決に躍起になる事は容易に推測できますので、日本が日本ではなくなる可能性を多大に含んでいる危険な法案と言えるでしょう。

公明党(創価学会)にとっては、それが狙いなのでしょうが、その結果に待つものは、日本での朝鮮人による日本人差別以外にないですし、反日思想に凝り固まり、一方的な権利だけを主張してくるような民族との共生は不可能です。


人権保護法案から外国人参政権。池田大作氏の意のままに、このような売国案を平然と提出するような公明党は、一日も早く政の場から排除するべきです。
我々に出来る最大の事は、1人でも多く選挙に足を運び、国民の意志を票として表す事以外にありません。


人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

【2007/03/13 20:39】 | 公明党・創価学会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |