[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 2007年03月16日
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

コリア系日本人 市議選に立候補

18歳で「在日朝鮮人サークルむくげの会」(現「NPO団体高槻むくげの会」)を設立し、以後、人権運動にかかわってきた。

昨年、日本国籍を取得。4月の統一地方選挙では高槻市議選に立候補する。「コリア系日本人イ・キョンジェ」として選挙を戦うのだという。
高槻市の韓国・朝鮮人集落で育った。上下水道、道路も整備されていない劣悪な環境。最もこたえたのは在日韓国・朝鮮人に対する差別だったという。

小学校時代、登下校でなじられるのは日常茶飯事だった。「なぜ朝鮮人に生まれたのか」。自身の運命を呪った。「朝鮮にまつわるものすべてを嫌悪した」頃、中学校で出会った恩師に救われる。「悪いのは差別。朝鮮人であることを恨んではいけない」

「むくげの会」では、韓国・朝鮮人のための「地域子供会」を開設。70年代、差別は依然として残っていた。子供たちの姿にかつての自分を見た。彼らの心に訴えかけた。
「地域子供会」は「他民族共生国際理解教育事業」として、高槻市に移管された。

活動が実り、84年、市は「外国人障害者福祉金制度」を発足させる。全国のさきがけとなる制度だった。
現在、日本では内なる国際化が進む。「在日の不幸な歴史を繰り返してはいけない」と決意を固めた。
「新しい社会の一歩を作りたい。そして、これまでの歩みを前進させたい」
3月14日付 統一日報より

帰化した在日朝鮮人が選挙に立候補するのは、当然の権利ではありますが、「コリア系日本人イ・キョンジェ」として立候補するのは、如何なものでしょうか。
日本の地方議員に立候補するのであれば、日本名を使うべきではないかと自分は思いますが、問題はそこではなく、このイ・キョンジェ氏の活動内容です。

現在の日本において、人権・差別といった言葉を掲げる人間は全く信用できませんし、日本の国益になるような事をしている人間も皆無です。
日常的に差別を受けるという辛い幼少時代を過ごし、その経験を次の世代に繰り返させたくないというような事を言われても、在日による日本の侵食が進んでいる現在においては、何の説得力もありません。
差別が辛かったのであれば、本国に帰っていれば済んだ話です。

高槻市は、今「むくげの会」を訴えているらしいので、それを取り下げさせる事も目的のような気もします。
どちらにしても、このような人権や差別を盾にしただけの、具体的な政策を示さない人物の当選は、阻止するべきです。

日本と共生するつもりのない民族の価値観を、日本人に押し付ける事になるような議員の当選を果してしまえば、その結果日本人が虐げられることになるだけです。
イ・キョンジェ氏の今までの活動を振り返ると、その可能性のほうが大きいと思います。
国籍は日本人でも、その実態は在日朝鮮人の代弁者と言ってもいいかもしれません。

日本人として言わせていただくと、「日本人でもない在日に寛容でありすぎたために、日本人が逆差別を受けることになった不幸な歴史を繰り返してはいけない」ということに尽きます。

人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します

【3月17日追記】
むくげの会の代表を務める李敬宰の過去の発言が見つかりました。
ただ、在日が日本国籍をとるということになると、天皇制の問題をどうするのかという人がいますが、外国人がたくさん日本国籍を取ったほうが、早く天皇制は潰れると思います。というのは、この先もどんどん外国系市民が増えます。ある統計では、一〇〇年後には五人の内三人が外国系になるといいます。そうなれば、日本で大和民族がマイノリティーになるのです。だから、私はあと一〇〇年生きて、なんとしても日本人を差別して死にたいです。これが夢です(笑)。そういう社会が来たら、その時に天皇なんていうのは小数民族の酋長さんみたいなものになります。
こうした素晴らしい戦術があるのに、それを、今の左派のように、日本国籍を取ったらダメだということをやっていたら、いつまでたっても天皇制は温存されたままではないですか。
国籍問題を考える 資料集より

文字化けして読めない人は、ブラウザを「シフトJIS」に設定してみてください。

スポンサーサイト



テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

【2007/03/16 23:05】 | 在日 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

韓国が重油5万トン 北朝鮮「初期段階」見返りで合意

北朝鮮の核問題に関する6カ国協議の「経済・エネルギー協力」作業部会が15日、北京の韓国大使館で開かれた。「初期段階の措置」として、北朝鮮が核施設の稼働停止や国際原子力機関(IAEA)の査察などを受け入れる見返りに、残る5カ国が行う重油5万トン相当のエネルギー支援は、韓国がすべて負担することで正式に合意した。韓国はIAEA査察官の北朝鮮入りにあわせて支援を行う意向だ。

米国は、初期段階で病院などへの小型発電機を提供する用意があることを表明。中国は次の段階の重油95万トン相当の支援に参加の意向を示した。日本は拉致問題に進展がない限り、支援に加わらない従来の立場を説明した。北朝鮮はこうした日本の姿勢を批判した

また、北朝鮮が国内エネルギー事情を説明し、「火力、水力発電が中心だが、送電線を含め、かなり老朽化している。改修、保全をしないといけない」と訴えた。次回部会を4月中に開催することで調整する。

3月16日に「北東アジアの安全保障」作業部会、17、18両日には「朝鮮半島の非核化」作業部会が開かれる。
3月16日付 産経新聞より

北朝鮮の核問題が、気がつけば北朝鮮に対する支援に変わってしまっているこの問題ですが、半ば北朝鮮の属国と化しつつある韓国が、初期段階の重油5万t相当の支援を行うことに正式に決定した模様です。

日本は拉致問題に明確な進展がない限りは、支援を行わないという至極当然の主張を、拉致問題を引き起こした張本人に批判される筋合いはありません。

そして北朝鮮の訴える国内のエネルギー事情は、核を含めた軍備を推し進めた結果であって、自業自得と言えますし、自らの愚行のつけを他国に頼るべきではありませんし、日本も北朝鮮のこういった困っているというポーズを信用してはいけないとも考えます。
「改修、保全をしないといけない」のであれば、自らの手で改修、保全をするべきでしょう。

北朝鮮という危険なテロ犯罪国家に対し支援を行うということは、テロを助長するということと何ら変わりないと自分は考えます。
自国に対しミサイルを向けている国に対し支援を行い、健気なまでに尽くし続ける韓国には疑問を感じ得ないですし、日本は同調する必要は皆無です。

仮に、この支援に関することで韓国側から遠まわしに間接的な要求をされたとしても、断固としてNoと言わなくてはなりません。
少なくとも、北朝鮮の手先として一生懸命に働く盧武鉉大統領の任期中は、韓国と関わるべきではないと自分は思います。


人気blogランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します。

テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

【2007/03/16 12:10】 | 北朝鮮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |