[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 2007年07月
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

【2007参院選】何たる選挙戦(1)誰を利する「国家」なき迷走

年金記録紛失問題、閣僚の相次ぐ失言などで苦境に立つ安倍晋三首相をほくそ笑んでいる国がある。

23日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、安倍政権が赤城徳彦農水相の事務所費問題で「さらに苦境に陥った」と論評。そのうえで、「安倍一味(政権)は腐敗政治と決別し、自ら権力の座から退くのが良いだろう」との「安倍退陣論」を展開した。

北朝鮮メディアが日本の首相退陣を求める論評を出すのは極めて異例だ。言論の自由のない北朝鮮では、労働新聞の論評は、金正日総書記をはじめとする北朝鮮指導部の意思と同義といってもいい。つまり、北朝鮮指導部は、拉致問題解決を強く迫る安倍政権を煙たがり、早期退陣を待ち望んでいるのだ。

なぜ今回の参院選が北朝鮮の望む展開となっているのか。

一つには、社会保険庁のずさんな労働実態がクローズアップされたが、その批判の矛先が労働組合や歴代の社会保険庁長官より、現政権に向いていることが大きい。特に選挙戦序盤で与野党が責任を押しつけ合う「泥仕合」の印象を有権者に与えたのも安倍政権にはマイナスとなった。

野党が「政治とカネ」問題で攻勢をかけると、与党側は、民主党の小沢一郎代表の資金管理団体による不動産購入問題で応酬した。

政治評論家の屋山太郎氏は「小沢氏が政治とカネを追及するのは、強盗が家人に『戸締まりが悪い』と説教するようなものだ」と語るが、結果的に国民の「政治不信」は深まった。

それに追い打ちをかけたのが、「赤城問題」への対応だった。説明責任を十分に果たしていない農水相をかばった首相の支持率はさらに低下。17日、絆創膏(ばんそうこう)姿で報道陣の前に姿をあらわした農水相をテレビのワイドショーをはじめとするメディアは嘲笑(ちょうしょう)の対象として大々的にとりあげ、税財政や社会保障といった政策論争はどこかに消し飛んでしまった。

「日本ではディベート(討論)型の選挙は定着しないのかなあ…」

参院選が中盤戦に入った7月中旬のある夜。何カ所もの全国遊説をこなして首相公邸に戻った安倍首相はため息交じりにつぶやき、ソファに体を深く沈めた。

首相は「選挙サンデー」の22日に積極的なテレビ出演を検討していた。小沢氏が、地方という「川上」を回る作戦に徹していることに対抗するためだ。

ところが、自民党執行部は「年金や『政治とカネ』の問題で揚げ足を取られかねない」と頑強に反対し、22日の首相の日程は首都圏での街頭遊説に差し替えられた。

首相には忸怩(じくじ)たる思いが残ったが、これまでのテレビや日本記者クラブ主催の党首討論会での首相の評判は自民党内でも芳しくなかった。

「堂々と政策論争に挑みたい」という首相の思いは空回りし、年金問題などで反論すればするほど、視聴者には「高圧的」「言い訳がましい」と映った。

首相はもともと今回の参院選で「国家の根幹にかかわるテーマを正面から問いたい」と考えていた。年初に「参院選では、私の内閣が憲法改正を目指していくことも当然訴えていきたい」と明言したのもそのためだ。

だが、年金問題をはじめとする「負のスパイラル」に陥り、選挙戦では「憲法改正」はほとんど語られなくなった

自民党内の足並みも乱れ始めた。高知選挙区の田村公平候補は16日、「絵に描いた(安倍首相の掲げる)『美しい国』で応援にこられて適当なことを言われたら、バカにされたような気がする」と痛烈に批判した。

首相批判の急先鋒(せんぽう)である加藤紘一元幹事長は、民主党若手と情報交換を続けるとともに、18日には古賀誠元幹事長を地元・山形に招き、連携をアピール。古賀氏は22日、福岡で谷垣禎一前財務相とひそかに会談した。「党内の話題は選挙情勢ではなく、首相の『退陣ライン』になりつつある」(中堅)との声もある

参院選の「政策論争なき迷走」はいったい誰を利するだろうか-。(石橋文登)

7月24日付 産経新聞より


私事ながら、公私共に非常に多忙だったため、今月はほとんど更新をする時間がありませんでしたが、やっと時間ができたので更新させていただきます。

この産経新聞の記事には、日本の既成政党がいかに「議席のための選挙」を展開しているかが分かるような記述が多々あると感じるのは自分だけではないであろうと思います。

今回の選挙の争点は、年金問題と言われていますが、年金問題を煽って選挙の争点に仕立て上げたのは、他でもない安倍内閣を敵視するメディアであり、それにハイエナの如く反応し、明確な政策を示さず自民党の足を引っ張るためだけに存在する野党ではないでしょうか。

今回の記事とは関係ないかもしれませんが、以下に自分の中での選挙に対する考えを少々書かせていただきたいと思います。

選挙というものは、国の政(まつりごと)を任せるべき政治家を国民が選び出すという形が本来あるべき姿ですので、候補者が国民のためという姿勢を全面的に打ち出すのは至極当然の事ではありますが、その訴えがいつも薄っぺらく、議席を獲得するためのポーズにしか見えない党と候補者が、あまりにも多過ぎると思います。

ある時は消費税の増税反対を前面に打ち出し、ある時は自衛隊のイラク派兵反対でありました。
今回は年金を必ず還元するという事でありますが、与党に責任を全て押し付け奇麗事を並べただけであり、年金問題解消のための明確な政策が何一つ示されず、確実に年金を還元する事が可能になった後は何をするのかが全く分かりません。

自分は年金が入ってくるのは約30年後になりますので、それまで日本人が日本人として安心して生活できる社会を構築し、維持するという訴えの方がよほど共感できます。

年金は入ってきても、不法滞在外国人に受け取った年金を奪われ、殺されるかもしれない不安もある社会で、年金年金と謳う候補者に対しては、根本的な部分で他に言うべきことがあるだろうと常に思ってしまいます。

自分が29日の投票日に入れる党と候補者は、もう既に決めてありますが
、既成政党はもっと長期的な視点から見た純粋な「政策」で勝負して欲しいものです。

参院議員の任期は6年間あります。
6年間もの間、年金問題を訴える政治家は一体何人いるのでしょうか。


人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します

スポンサーサイト



テーマ:参院選 - ジャンル:政治・経済

【2007/07/24 16:28】 | 国政 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑

天皇陛下出席に期待感 北京五輪開会式で組織委

2008年北京五輪組織委員会の☆効愚執行副会長は9日午前、北京市内で日本の記者団と会見し、来年の北京五輪開会式への天皇陛下の出席に期待感を示した

 同氏は「日本の天皇陛下が貴賓として招かれれば心から歓迎する」と表明。「組織委員会として天皇陛下を招待する資格はないが、中国政府から招かれるのであれば、(われわれは)準備の仕事に全力を挙げていきたい」と述べた

(注)☆は草カンムリに将の旧字体

7月9日付 中国新聞より

温家宝首相が訪日した際に、北京五輪の開会式への御出席を促すような発言をした事に対する不快感を持った方は多いかと思いますが、今回は五輪の組織委員会が天皇陛下の御出席に期待するとの発言をしているようです。

自分の個人的な印象になりますが、五輪の組織委員会が中共とは関係がないわけがありませんので、間違いなく天皇陛下を政治利用しようという意図が見えますし、中共のナンバー2の温首相が訪日した際に天皇陛下と会談をしたので、今度は天皇陛下が中国に来るべきである、という意図も見え隠れしているような気がします。

天皇陛下を政治利用するなどという事は絶対に許せませんし、仮に政治利用する意図がなくとも、深刻な環境汚染に犯されている国に行く事自体が天皇陛下の御体に障ることとなりますので、どのような理由があろうと日本は断固として拒否し、五輪への参加自体をボイコットするべきです。

自分は、以前に江沢民が行った天皇陛下に対するの非礼を、中共が天皇陛下に対する発言を行う度、それがどのような内容であっても思い出し、改めてこのような国と友好関係を築く事など不可能であると実感します。

天皇陛下の御体の事、中共の日本に対する態度、中共の人命軽視体質等・・・何を取っても天皇陛下が五輪の開会式に御出席する理由は皆無であると、自分は断言します。

人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

【2007/07/09 16:53】 | 中共 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

北京五輪「世界新記録樹立は不可能」、大気汚染が選手に悪影響!―海外医療専門機関

2007年6月30日、ドイツの週刊誌が来年開催される北京オリンピックについて、北京市の深刻な大気汚染を取り上げ、これが各国から参加する選手たちに何らかの悪影響を及ぼすとの報告を掲載した。

報告の中で、北京市の大気中の粉塵濃度は無雨無風状態で国際衛生基準の2倍から3倍の値であると説明。

視界2~3kmが一般的な北京市内でのオリンピック開催で、もっとも深刻な健康被害を受けるのは屋外陸上競技選手、特にマラソン選手が危険だと指摘。英国オリンピック委員会顧問のマーク・カディナール医師は「北京五輪でマラソン競技の世界新記録樹立は不可能」と予想した。

国内14都市で行なわれた中国当局の調査によると、大気汚染により毎年5万人の新生児が死亡しているという報告もあり、北京国際医療センターの医師も「運動はなるべく屋内で」と提唱している。
7月1日付 レコードチャイナより

中共によるチベットやウイグル自治区等から本国での人権の侵害をはじめとした、五輪を開催する国家とはかけ離れた実態が明らかになっていますが、仮にそういった中共による弾圧に対し無関心な方でも、五輪自体に興味がある方であれば、開催地が深刻な大気汚染に犯されているという事は、決して無視できない事であると思います。

それが参加する選手達であれば尚更であり、ほんの短い時間に全てをかける競技も沢山ありますので、十分なパフォーマンスを保障できる環境は絶対条件であることは言うまでもありません。

スポーツをするに適した環境があってこそ、コンディション調整が重要な要素になってくるわけであって、環境が悪ければコンディションも何もありません。

北京五輪を国際舞台での最後にしようと考えている選手、サッカーのように年齢別のカテゴリーの関係で、一度しか五輪に参加できるチャンスがない選手もいるかと思いますし、そういった選手達の五輪に賭ける想い等は十分理解しているつもりですが、本当に選手を大事に考えるのであれば、選手に対し悪影響を与えるような環境の中でプレイさせるべきではないと自分は考えます。

また、スポーツ選手の食事は一般の人と違い、ただ食べるだけではなくコンディションを維持するためにも、スポーツ栄養学の視点から普段からカロリーやバランスにも気を使っていて、試合・競技当日は、エネルギーを最大限に発揮出来る時間帯から逆算して、それに最も適した物を食べると聞いた事があります。

数十秒から数時間のために何年間も摂生しトレーニングを積んだ選手が、現地の大気汚染によってコンディションを崩した結果、思うようなパフォーマンスが出せなかったなどとなれば、選手に対しこれほど酷な事はないでしょう。

日本人のスポーツ選手を、本当に大事にしているのであれば、日本は北京五輪をボイコットするべきではないでしょうか。


人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

【2007/07/02 09:28】 | 中共 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |