[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 筑紫哲也 多事争論「よき敗者(グッド・ルーザー)」
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

筑紫哲也 多事争論「よき敗者(グッド・ルーザー)」

日本が戦争に敗れて占領下に置かれやがて独立し、そして今、私たちの戦後のいわば基礎を築いた指導者は吉田茂という総理大臣でありますが、その吉田さんが、日本がなぜ近代化にこんなに成功したかについて書いた論文で「日本を決定した100年」という論文があります。

その中で吉田さんが書いていることの大変面白いと思うのは、日本が開国を迫られた時、あるいは占領下に置かれた時、相手がすべて正しいとは思わなかったけれども、相手の美点を認めそして立派な文明を持っているということを認めた。つまり、日本は「よき敗者」=「グッド・ルーザー」であったと。そのことを日本の発展の1つの理由にしております。

慰安婦問題でニュースで報じられているようなことが続いておりますけれども、仮に、軍の強制が直接であったか間接であったか、あるいは狭義の、あるいは広義の強制があったかという、そういう議論をいくらしても、慰安所があって、慰安婦というものが存在したということは消えません。こういう事をくどくどと説明して、どれほどの意味があるんだろうかと思います。

しかも河野談話というのでこの事に1つの終止符を打ったはずなのに、さらにこういう議論を蒸し返すという事がどういう日本の国益になるのか、今後の外交やいろんな日米関係を含めて何の得があるんだろうかと私は思います。

それよりも、いわばいろいろ言いたいことはあっても「よき敗者」、吉田さんもよくよき敗者になるという事の方が、安倍さんは生産的でないと言っておりますが、その方がよほど生産的ではないでしょうか。

ちなみにこの吉田茂のお孫さんが麻生外務大臣であります。麻生さんはどう思われるんでしょう。
3月8日News23 多事争論より


相変わらず反日思想に凝り固まった筑紫哲也氏ですが、慰安婦問題を蒸し返しているのは日本ではなく、どこの国かという事をすっかり忘れてしまっているようです。

また河野談話の根拠は”自称”元慰安婦という証言者の証言のみであり、軍が朝鮮人を強制的に慰安婦としたという決定的な証拠は、未だないという事実にも耳を塞いでいるようです。

その根拠となっている”自称”元慰安婦の証言ですが、矛盾と嘘が散りばめられていてとても証拠として通用するものではありません。
二人の例を挙げてみましょう。
黄錦周(ファンクムジュ)氏の場合

①1922年生まれと証言。しかし、彼女は過去に1927年生まれと称していた。
②17歳(1938~39 年)の時に、“国民徴用令”で軍事工場に動員され、慰安婦にさせられたと証言。しかし、朝鮮で、国民徴用令がしかれたのは1944年であり、ありえない。
③中国の吉林で軍の慰安婦にされたと証言。しかし、吉林は戦場ではなく、公娼制度が導入された歓楽街。わざわざ軍が慰安婦を設ける必要はない。
④クリスマスの日は、一番客が多かったと証言。しかし、日本軍にクリスマスを祝う習慣はない。


李容洙(イヨンス)氏の場合

①十四歳で銃剣をつき付けられて連れてこられたこと、 拒むと殴られ、電気による拷問を受けて死にかけたことなどを、2002年6月26日の「赤旗」で紹介される。
②1928年韓国の大邱(テグ)生まれ。1944年、16歳の時に「軍服みたいな服を着た男」に連行され、台湾へ。移動中の船の中で、日本の兵隊たちに繰り返し強かんされる。
その後、連れて行かれた先の台湾で、日本軍「慰安婦」としての生活を3年間強制された。(2005年10月22日、三重で行われた講演会にて)

証言が矛盾。また、1944年から3年間という事は、日本が敗れ、日本軍が解体した1945年以降も、慰安婦をやっていた事になります。

そしてなにより、日韓基本条約の中の「両締約国は,両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。(個別請求権の問題は解決したものとみなす。) 」
という部分を無視して日本に謝罪を求めてくる国はどこなのか、そして河野談話を見直し、しっかりと検討する事が長期的に見ても日本の国益になるという事を、筑紫氏は考えていないのでしょう。
このような輩は、朝鮮総連と同じく害をもたらすだけなので、日本には必要ありません。

いろいろ言いたいことはあっても「よき敗者」として筑紫氏も、そろそろ引き際を考えてみてはどうでしょうか。
もう徐々に大勢は決しつつある現在においては、筑紫氏の言葉は嘲笑の対象にしかなりません。

早くTVから消えてもらった方が、よほど生産的ではないでしょうか。
きっと麻生さんも、そう思っていると思います。

人気blogランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:慰安婦問題 - ジャンル:政治・経済

【2007/03/09 20:41】 | 慰安婦問題 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<対日非難は蒸し返し オランダ女性の事例 末端将兵の行為 厳罰ずみ | ホーム | 「いじめレスキュー隊」創設を 公明が緊急提言>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/23-07053faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
筑紫哲也
筑紫哲也筑紫 哲也(ちくし てつや、1935年6月23日 - )は日本のニュースキャスター、ジャーナリスト。大分県日田市出身。元、早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授(専任扱い)。現在、立命館大学客員教授。血液型A型。滝廉太郎との縁滝廉太郎は大伯 あかりのblog【2007/09/20 09:04】
| ホーム |