[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 「志同じなら支援望む」 都知事選 浅野史郎さん 民団と懇談
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

「志同じなら支援望む」 都知事選 浅野史郎さん 民団と懇談

都知事選への立候補を表明している前宮城県知事の浅野史郎さん(59)が16日、東京・南麻布の民団本部を訪れたさい、「志を同じくするのであれば(都知事選に)支援してほしい」と要請した。幹部らとの懇談の席上、質問が知事選に及んだのに答えたもの。

浅野前宮城県知事は93年からの3期12年間、韓国・江原道との交流を進めた。この日、韓国観光公社の「観光名誉広報大使」就任(今月5日)のあいさつに民団を訪れた。宮城県は、仙台市が2002年の日韓共催ワールドカップサッカーの開催地だった。中央本部、傘下団体、東京本部の幹部約30人と懇談した浅野さんは「スポーツに限らず日韓の市民交流を」と持論を語った。

東京本部の李時香団長は「浅野さんはこれから激戦を迎える。私たちは都民として応援する態勢にある」とエールを送り、24日の定期大会前日に予定しているイベントへの招待状を手渡した。
3月21日付 統一日報より

いよいよ都道県知事選が始まりました。石原都知事の三選に対抗し出馬している浅野史郎氏ですが、民団にも支援を求めている模様です。

浅野氏に出馬を求め、支援している団体は、都教育委員会の「国旗・国歌」への指導方針に反対するメンバーをはじめとした反日勢力が顔を並べています。
そして民団との繋がりもあるのであれば、反日勢力の代弁者として都知事選に出馬しているとしか考えられませんし、そこに日本人としての意志は皆無です。

仮に、このような人物が都知事に当選してしまえば、東京が日本でなくなってしまう可能性は高いと言えるでしょう。
日本人を無視した特定国籍外国人のための都政など許してはいけませんし、そのための出馬をする売国奴の当選は阻止するべきです。

日本の政は、日本人が選んだ政治家によって行われますので、そういった意味では日本の政の基盤を創るのは、我々国民であるとも言えるでしょう。
売国奴を政の場から追放する事が出来るのは、我々にしか出来ないことでもあります。

そのために我々が出来る事は、意志を票という明確な形に変えて表す以外にありません。
これは言うまでもなく、各都市の知事選に言えることですので、1人でも多く投票をし、売国奴に対する国民の意志を表しましょう。

人気blogランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

【2007/03/22 19:55】 | 売国奴 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<慰安婦問題は議連で再調査 | ホーム | 中国国務委員、拉致「力の限り協力」自公幹事長に表明>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/31-5a19a558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
浅野史郎
浅野史郎浅野 史郎(あさの しろう、1948年2月8日、宮城県出身)は宮城県知事である。1993年11月21日に就任し、3期、11年目。経歴*1948年2月8日 宮城県仙台市に生まれる。*1970年 東京大学法学部卒業後、厚生省に入省。*1972年 アメリカ・イリノイ大学 あやこの日記【2007/04/10 08:08】
| ホーム |