[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 壁破り中国人2人を逮捕 1億2000万相当腕時計盗む
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

壁破り中国人2人を逮捕 1億2000万相当腕時計盗む

昨年11月、東京都港区南青山の輸入時計販売店「DOUZE12(ドゥーズ)青山」で、ビル外壁が破られて外国製高級腕時計など約1億2000万円相当が盗まれた事件で、警視庁捜査3課と丸の内署などは26日、窃盗などの疑いで、中国籍の住所不詳、無職荘兆邦容疑者(44)ら2人を再逮捕した。2人は「間違いない」と容疑を認めている。
3月16日付 時事通信より

外国人犯罪が急増している現在の日本において、突出しているのが中国人の犯罪であり、2005年度の外国人犯罪検挙総数20,577件の内、実に10,067件が中国人による犯罪という、2番目に多い韓国・朝鮮人の2倍強の数字が出ています。
これは検挙数になりますので、実際にはもっと多い事は想像に難しくありません。

今回の事件の犯人でもある荘兆邦容疑者も、住所不詳・無職というところから不法滞在者、あるいは密入国者ではないかと思います。

確かに来日する外国人の絶対数が増えれば、必然的に犯罪件数も上がるという見方もできますが、中国人の犯罪件数は桁が違いますので、来日する人数に対する犯罪件数の比率ではなく、実数で判断するべきでしょう。

また、日本の刑務所は諸外国に比べて甘い事も、外国人が犯罪を犯すことになる一因にもなっているでしょう。
日本の治安を守るためにも、外国人による犯罪は日本人よりも厳しい刑に処するべきではないでしょうか。

日本の治安を守るためであれば、外国人犯罪に対し寛容になる理由はありません。
日本の治安と日本人の生活を守るためにも、外国人による犯罪、特に不法滞在者は徹底的に厳しく取り締まって欲しいと切に願います。

このような犯罪者は、中国人に対する嫌悪感を増幅させるだけにしかならず、「親中」政治家達が唱える日中友好の弊害にしかなりませんので、日中友好を唱える人間こそ外国人犯罪の撲滅に、率先して取り組むべきでしょう。

そのような当たり前の事が出来ないのであれば、日○友好などという言葉は、絵に描いた餅であり、都合のいい奇麗事でしかありません。


参考資料

警視庁 外国人・来日外国人犯罪統計より(pdfファイル)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/toukei/bunsyo/toukei17/pdf/kt17d053.pdf

人気blogランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:特定アジアと日本 - ジャンル:政治・経済

【2007/03/26 19:59】 | 外国人犯罪 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<中国・温首相の来日を閣議了解 4月11~13日 | ホーム | 慰安婦問題は議連で再調査 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/33-5e0d942f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |