[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 「日中関係、新たな段階」訪日前に中国の温首相
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

「日中関係、新たな段階」訪日前に中国の温首相

11日からの訪日を前に中国の温家宝首相は4日、北京の中南海で日本報道各社と記者会見し、首脳会談での共同文書作成に意欲を示した上で「これは両国関係が新たな段階に入ることを意味する」と説明、「戦略的互恵関係」の発展に強い期待と意欲を表明した。今回の訪日を「氷を溶かす旅」と位置づける温首相は「相互信頼と友情を増進させたい」と述べた。

温首相は「戦略的互恵関係」の原則として「平等互恵、共同発展、未来志向で交流を強化する」ことを強調し、環境・ハイテク・中小企業・金融・情報技術の5分野での協力を提起した。
温首相が日中関係の発展に強い意欲を示したのは「長期的で安定的な関係を構築する」(中国政府筋)との指導部の方針に基づいている。日本との関係発展は「中国の国益にとっても不可欠」(同)との認識もある。

温首相はハイレベルの経済対話メカニズム「中日経済閣僚会議」を発足させることにも言及した。外交筋によると、温首相の訪日に合わせ、石油・天然ガスや電力などエネルギー分野の企業や政府機関、研究所の関係者約100人が訪日する予定だ。

温首相は安倍晋三首相との首脳会談で再訪中を招請、中国の地方訪問も要請するとし「中国を知ってほしい」と語った。一方で歴史問題に絡み温首相は「中日関係を戦略的で大所高所から長期的視点でとらえるべきだ。安倍首相には大局を重んじ、約束を守り引き続き両国関係の発展を推進してほしい」と述べた。

靖国神社参拝問題では「目にしたくないものだ」と安倍首相の参拝を牽制(けんせい)した。しかし、「双方は政治的障害を克服することで一致している」と解決済みともとれる姿勢を示した。

北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議について、温首相は「すでにあけぼのが見えた」と述べ、協議を通じて解決できるとの見通しを示した。日本人拉致問題では「中国は一貫して理解と同情を示してきた。解決のため必要な協力を提供すると表明している」と述べた。
4月5日付 産経イザ!より

来週に望まれない来訪者である温首相が訪日するようですが、当たり前ながら日中友好などという考えは、微塵も無いようです。
歴史問題や靖国問題等に対する内政干渉については、いつものことなので今回は敢えて触れませんが、太字にした部分は見過ごすわけにはいきません。

環境・ハイテク・中小企業・金融・情報技術で、日本が中共からの協力が必要な面は、ほぼ皆無と言っていいでしょう。
むしろ、環境・ハイテク等は、中共が喉から手が出るほど欲しい日本の貴重な知的財産です。

温首相の訪日に合わせて、その分野の関係者が約100人も来日するという事は実に異常ですので、温首相は「撒き餌」として訪日し、その他の関係者達が情報を漁るという魂胆なのではないでしょうか。
そういう視点で見たら、「これは両国関係が新たな段階に入ることを意味する」という発言に、何か裏の意味があるような気がしてしまいます。

ただでさえ現在の日本には、中国人による機密情報の漏洩が明らかになった事例が幾つもあります。
温首相の言動に注目が集まる中、その裏で「技術関係者」が日本の機密情報を潜伏しているスパイから得るという事は、十分に有り得る事ですし、その人数が多ければ多いほど、どこでどういう情報がやりとりされているかを把握するのは困難になります。

両国の友好と発展など微塵も望んでいない中共に対し、日本の機密情報の漏洩は、絶対に阻止しなければなりません。
日本から得るものが無くなった時、中共は日本に対する実効的支配を仕掛けてくるでしょうから、一刻も早いスパイ防止法・共謀罪の制定を切に願います。


人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

【2007/04/05 20:09】 | 中共 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<都知事選投票率、午後3時で30・21%…前回上回る | ホーム | 天下り、官僚寄りの意見相次ぐ=自民総務会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/39-766caff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |