[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 6カ国協議が妥結
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

6カ国協議が妥結

北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議は13日午前、首席代表会合を約50分間にわたり開催、同日未明に議長国・中国が合意文書最終案として提示した第2次草案について各国が立場を表明し、事実上合意した。
最終案は、北朝鮮が取るべき初期段階措置の範囲と、その見返りとなるエネルギー支援の規模などを明記。
各国は同日午後4時半(日本時間同5時半)から全体会合を開き、共同声明を採択する見通しとなった。 協議筋は同日、「(最終案の)一部文言に技術的問題が提起されたが、事実上妥結した」として決着が図られたことを明らかにした。
 最終案は、北朝鮮が寧辺の核関連施設を閉鎖し、国際原子力機関(IAEA)による査察を受け入れ、これらの措置を60日以内に履行するよう明記。
同時行動の原則に基づき、他の5カ国はエネルギー支援などを行う。
 具体的な支援額も盛り込まれており、エネルギー支援は5カ国による「均等分担」原則で一致。
韓国の聯合ニュースによると、閉鎖の見返りに重油50万トンを提供し、北朝鮮が追加措置を取れば、年間最大100万トンに支援規模が段階的に増えるという。
時事通信より

6カ国協議が妥結したようですが、全く進展のない協議に終わったようです。
むしろ、エネルギー支援という目に見える成果を手に入れた北朝鮮だけが得をしただけのような印象が第一にあります。

核廃棄する代わりに、見返りを求めたという北朝鮮の厚顔無恥ぶりには呆れるばかりですが、北朝鮮の全核施設ではなく、寧辺の核関連施設だけを閉鎖するという事からも、北朝鮮が核を本気で廃棄するとは到底思えません。

そして犯罪国家に対する対応とは思えない、と言うより思えないからこそ、(もちろん参加した各国の思惑もあるので一概には言えませんが)
この結果は出来レースというか、中国の思惑通りに進んだ結果なんじゃないかと自分は考えてます。

日本は、拉致問題が進展しなかった場合、支援をしないという立場を堅持しているため、すぐに他の国から不満の声が上がる事は間違いないでしょう。
そして、他の国の負担に対する何かしらの支援を求められる可能性は高いと思われます。

エネルギー支援をしなくとも、側面支援という名目で「上限のない支援」をせざるを得ない状況を作られる可能性は低いとは言えません。
中国という狡猾な国ならそういった方法で、日本から金銭を引き出そうと考えているかもしれません。

北朝鮮に対する支援は行わずとも、中国を始めとした国に対する間接的な援助をする事になり、結果日本の財産が不当に搾取される事になれば本末転倒です。

自分の考えすぎなのかもしれませんが、日本政府は核の放棄と拉致問題を逆手に取った恫喝外交にも警戒しつつ、北朝鮮に対する制裁を行わなくてはならないのかもしれません。


人気blogランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:北朝鮮問題 - ジャンル:政治・経済

【2007/02/13 19:35】 | 北朝鮮 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<イラン人一家4月26日までに帰国 | ホーム | 日教組の教科書採点>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/4-0cd38d34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |