[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 支那がらみの圧力?で「たかじん…」の番組内容が変更
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

支那がらみの圧力?で「たかじん…」の番組内容が変更

ひょんな事から、あるブログで「たかじんのそこまで言って委員会」に出演されている勝谷誠彦氏のメルマガの紹介エントリーを拝見しました。

その内容が非常に問題であると思いましたので、公開されていた文章を全文、太字での強調なしで、以下に紹介させていただきます。
2007年6月24日号。<支那がらみの圧力?で本日オンエアの「たかじん…」から消えた話題>

これを書くことで、今後の番組出演にどういう影響が出るのかも面白いと思うので、敢えて書くことにする。
だって、これはあなたへの私信であって、誰が容喙できるものでもないですからね。それを圧殺するような動きがあれば、それはそれで、今度はもっと公の場で書いていくとここに宣言しておく。
 
日本列島の8割ほどの地域で今日オンエアされる『たかじんのそこまで言って委員会』の収録は、先の金曜日にあった。
スタジオでいいかげんなことを言い合っているように見えて、実はあの番組は事前にスタッフも出演者もずいぶんと勉強をしている。
前日には「アンケート」が送られてきて、当日の進行台本とともに、いくつかの質問がある。それへの答えが、当日モニターに出るわけだ。
この回答作りは、こちらの芸を試されているうようでかなりの負担だ。いつも私なんぞは「原稿料を別によこせ」と言っているくらいである(笑)。

しかし、そうやって回答を悩ませるくらいに、あちらから投げてくる台本や質問もよく練られていて、やはり高視聴率をとる番組というのは努力なくしては作られていないのだな、といつも思っていた。

先の木曜日に来た台本には項目が三つあった。ひとつ目は「調子に乗っいてたらえらい目に」というタイトル。二つ目が「台湾と中国」。そして最後の、お遊び項目が「気になる健康法」だった。
それぞれについて理由なども書かされる。これはオンエアでは使われないこともあって、いわば無駄な努力なのだが、水鳥が水面下で足を動かしているように(笑)出演者もスタッフもこうした目に見えない努力をしていることで、番組全体の質が上がっていくのだと思って協力している。

オンエア前なので、それぞれにどういう回答をしたかをここで書くのは仁義に反する。しかし、大きな問題が起きているので、それにかかわることだけは書くことにする。

一つ目の項目の質問は「世の中で、あいつは調子に乗っていると思うのは誰ですか」だった。私は「支那」と答えた。
妥当な回答でしょう?これはもちろん番組では表記は「中国」と変えられることを承知の上だ。それくらいの妥協は私もする。それもヘンな話だけどね。

二つ目の項目の質問には「今後台湾はどうするべきだと思いますか?」だった。
回答として「中国と一緒になる」「独立する」「現状を維持する」「日本と一緒になる」という選択肢があった。
私は「独立する」と書いて、その理由として、日本国の安全保障の観点から言って、シーレーンの確保や、支那の膨張の防止のためには、独立を支援し、将来は安全保障条約を結ぶべしと書いた。
独立戦争を闘うなら、私も手を挙げて、「スペインの時にヘミングウェイが参戦したように、義勇軍を組織して突っ込んでいってもいい」とスタジオで話そうと思っていた。

フライトの時間の関係で、いつも収録する読売テレビの楽屋には、本番の1時間半ほど前にも到着する。
すぐに打ち合わせが始まるのだが、金曜日は違った。私としてはその間に書いている原稿がはかどって嬉しかったのだが、時計を見ると、もうあと20分で本番である。なのに、ディレクターはやって来ない。変だなと、思っているとやっと来た。

開口一番「二つ目の項目が変わります」である。中国と台湾の関係が、まるまるすっ飛んだというのだ。すっ飛ぶと言ったって、スタジオで私たちが見るVTRは一週間かけて丁寧に作られたものだ。コメントだって、私たちはちゃんと考えて来ている。
それを即興で「北朝鮮と日本」というテーマに変えるというのである。異常事態と言っていい。

以下は、誰がどう言ったと書くと迷惑をかけるので、その後、私の入ってきた情報や工作員たちからの通報を総合したものと思っていただきたい。
『たかじん…』を作っている読売テレビは、先日、某支那人と揉めた。某と書くのは、またそこで揚げ足をとられるとくだらない喧嘩に時間をとられるので、そのムダを省くためである。揉めた原因は、私と宮崎哲弥さんの発言で、これは検索すると出て来るので、ご自身で探して下さい。
そのことが背景としてあって、慎重になっていることはわからなくもない。

しかし、それ以上に台湾問題を扱うということが、支那の中共政府を見る時に、いかにタブーであるかということだ。
出席者の中には金美齢さんもおられた。元中華民国総統府顧問である。支那に魂を売っている日本国外務省が、彼女がここでどういう発言をするかということに気をつかっても当然だろう。

突然の変更に現場はパニックになった。そりゃそうでしょう。番組の三分の一の時間を占める、長くかけてきた事前の準備がすべて水泡に帰すしたのだから。
現場スタッフには何の罪もない。いや、現場だけではなく、編成のかなり上までにとって突然のことで読売テレビそのものにも罪はないのかもしれない。
彼ら彼女らの理不尽な出来事に対する怒りは、私にもふつふつと伝わってきた。

ある工作員は言う「読売テレビの社長レベルではないようです」と。
東京からの強権発動、キー局というよりは「新聞社」だという話もある。だったら、あの男の顔が浮かぶ。
「政治部マター」だという情報も乱れ飛んだ。利権談合共産主義国家の面目躍如である。視聴率20パーセントの番組まで直前の圧力で「偽装番組」にしてのけるのである。

それでもたかじんさんも辛坊さんも、そして出演者の皆さんもさすがでしたね。何事もなかったのごとく突然振られた「北朝鮮問題の今後」について話した。
しかし、スタジオにはどこか空虚な空気が漂っていた。今日のオンエアで、どういう感じになっているのかなあ。
凄いと思うのは、一つ目の質問に対する私の「支那」という回答も変えさせられたということだ。今や『たかじんのそこまで言って委員会』で中国問題を取り上げること自体がタブーにさせられているのかもしれない。
 
韓国大使館の圧力で私がテレビ朝日で仕事をしにくくなったことは以前に書いた。他国からの介入で(間接的に政治屋や役人を通したにせよ)番組内容を変更せざるを得ない国家とは何だろう。
時代は変わっていることを、ああいう後進国どもに知らしめなくてはならない。

あなたへの、このメールがどういう結果をもたらすのかはわからない。次の『たかじんのそこまで言って委員会』には私はいないかもしれない。隔週の出演だから、来週いないからって心配しないでね(笑)。

しかし、確実に、私の日々の論を読んで下さっている、良民常民の、あなたやあなたの記憶の中には留まっていくことを信じて、今日のメールをお送りするのである。
その小さな種が、将来の日本国の新たな動きにつながっていけばいいと思うのだ。
不当な圧力をかけてくるような、下賤役人、下賤政治家などには考えも及ばない、それは力だと、私は信じている。
django86氏「北の国から一言」より

長文になってしまうので簡潔に述べますが、中共は台湾の事に対して非常に警戒しているのは確実でしょう。
先日、維新政党新風の鈴木伸行氏のブログにも、新風埼玉の渡辺幹事長が演説で、台湾の李登輝氏のことを話し、台湾独立の話を始めたら中国人からビンを投げつけられたという出来事が掲載されていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/ishinsya/21107076.html

細かい事は一切言いません。
日本は言論と表現の自由が約束された民主国家であるので、中共の意にそぐわない事を扱う事に対し、圧力をかけて封じるような事は断じて許されるべきではありません。

そのような事が行われるのであれば、日本は民主主義ではなくなり中共・北朝鮮のような共産国家、または言論弾圧の横行する恐怖独裁国家になってしまいますので、断固として許すべきではありません。

この一件は、色々と深刻な問題が内包されていると自分は考えていますので、少しでもこの一件を広めて頂きたいと思います。
日本を共産国家のような社会にしては決してなりません。


共感できた方はクリックお願い致します
人気ブログランキングへ

【6月25日追記】
昨日は所用の為、大雑把にエントリーを書いてしまい、リンク元を付けていませんでしたので、本日付け足しました。
また、自分のエントリー内容も、少々書き足させていただきます。

この一件は、人それぞれ怒りの矛先が違うかと思います。
それは、番組に対する圧力をかけてきた勢力に対してであったり、その圧力に屈してしまった人達に対してであったりするかと思いますが、自分が一番許せないのは、このような公の場で言わなくてはならない事を、公の場ではなくメルマガやブログ等の発信でしか訴える事が出来ないような現状を、結果的に作り上げてしまった不特定多数の信念の欠如した売国奴達以外にありません。

また、自分は圧力をかける事という事は、基本的には相手にプレッシャーを与え、自分達のペースで事柄を進めるために行う行為であると考えています。
スポーツや格闘技での世界でも、また個人レベルでの議論等、お互いに対峙する相手に対する圧力は駆け引きと呼ばれますが、こと政治的な面で日本は圧力をかける駆け引きが余りにも虚弱であり、お互いの思惑が交じり合う駆け引きとは到底呼べるものではなく、気がつけば身動きが取れないほどの圧力を政府は受け、屈しているのが現状ではないでしょうか。

そういった政府に対し、我々国民が出来る事は限られているかもしれませんが、政府に対し「国益を守り、正当な主張をしろ!」と圧力をかける事は、非常に有効な手段であると思います。

「特定国からの不当な圧力に屈せず、日本の尊厳と国益を守れ!」という圧力を我々がかけることによって、初めて時代が変わると自分は信じています。
スポンサーサイト



テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

【2007/06/25 20:27】 | 中共 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<米の慰安婦決議案、平沼氏らが批判声明…懸念示す向きも | ホーム | 朝日新聞社説 沖縄慰霊の日―集団自決に見る軍の非情>>
コメント
>博士の独り言様

コメントありがとうございます。
また、突然の連絡失礼致しました。

この件は、日台中関係を考える意味で、非常に重要な事であると自分は考えていますので、是非とも貴ブログでも扱って頂ければ幸いです。

今後とも宜しくお願い致します。
【2007/06/26 18:16】 URL | rotug #-[ 編集] | page top↑
こんにちは、博士の独り言です。

 お知らせいただき有難うございます。
しかし、酷い話ですね、是非、後のエントリーで紹介させていただきたく思います。

 今後とも、どうぞ宜しくお願いします。

博士の独り言

【2007/06/26 07:10】 URL | 博士の独り言 #WCvlWiJM[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/64-094da3a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |