[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 北京五輪「世界新記録樹立は不可能」、大気汚染が選手に悪影響!―海外医療専門機関
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

北京五輪「世界新記録樹立は不可能」、大気汚染が選手に悪影響!―海外医療専門機関

2007年6月30日、ドイツの週刊誌が来年開催される北京オリンピックについて、北京市の深刻な大気汚染を取り上げ、これが各国から参加する選手たちに何らかの悪影響を及ぼすとの報告を掲載した。

報告の中で、北京市の大気中の粉塵濃度は無雨無風状態で国際衛生基準の2倍から3倍の値であると説明。

視界2~3kmが一般的な北京市内でのオリンピック開催で、もっとも深刻な健康被害を受けるのは屋外陸上競技選手、特にマラソン選手が危険だと指摘。英国オリンピック委員会顧問のマーク・カディナール医師は「北京五輪でマラソン競技の世界新記録樹立は不可能」と予想した。

国内14都市で行なわれた中国当局の調査によると、大気汚染により毎年5万人の新生児が死亡しているという報告もあり、北京国際医療センターの医師も「運動はなるべく屋内で」と提唱している。
7月1日付 レコードチャイナより

中共によるチベットやウイグル自治区等から本国での人権の侵害をはじめとした、五輪を開催する国家とはかけ離れた実態が明らかになっていますが、仮にそういった中共による弾圧に対し無関心な方でも、五輪自体に興味がある方であれば、開催地が深刻な大気汚染に犯されているという事は、決して無視できない事であると思います。

それが参加する選手達であれば尚更であり、ほんの短い時間に全てをかける競技も沢山ありますので、十分なパフォーマンスを保障できる環境は絶対条件であることは言うまでもありません。

スポーツをするに適した環境があってこそ、コンディション調整が重要な要素になってくるわけであって、環境が悪ければコンディションも何もありません。

北京五輪を国際舞台での最後にしようと考えている選手、サッカーのように年齢別のカテゴリーの関係で、一度しか五輪に参加できるチャンスがない選手もいるかと思いますし、そういった選手達の五輪に賭ける想い等は十分理解しているつもりですが、本当に選手を大事に考えるのであれば、選手に対し悪影響を与えるような環境の中でプレイさせるべきではないと自分は考えます。

また、スポーツ選手の食事は一般の人と違い、ただ食べるだけではなくコンディションを維持するためにも、スポーツ栄養学の視点から普段からカロリーやバランスにも気を使っていて、試合・競技当日は、エネルギーを最大限に発揮出来る時間帯から逆算して、それに最も適した物を食べると聞いた事があります。

数十秒から数時間のために何年間も摂生しトレーニングを積んだ選手が、現地の大気汚染によってコンディションを崩した結果、思うようなパフォーマンスが出せなかったなどとなれば、選手に対しこれほど酷な事はないでしょう。

日本人のスポーツ選手を、本当に大事にしているのであれば、日本は北京五輪をボイコットするべきではないでしょうか。


人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

【2007/07/02 09:28】 | 中共 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<天皇陛下出席に期待感 北京五輪開会式で組織委 | ホーム | 米の慰安婦決議案、平沼氏らが批判声明…懸念示す向きも>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/66-62807b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |