[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 中国産ギョーザ:どこで殺虫剤混入? 中国での包装段階か
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

中国産ギョーザ:どこで殺虫剤混入? 中国での包装段階か

中国産ギョーザによる中毒事件で、有機リン系殺虫剤のメタミドホスは、どこで混入したのか。10人の被害者が出た千葉、兵庫両県警の調べでは、問題のギョーザの包装紙には穴などはなかった。
商品の外側から注射針などを使って混入した可能性は低く、中国での生産段階で入ったと考えるのが自然だ

推定できるのは、▽原料である野菜などにもともと残留農薬として付着していた▽工場での製造過程で入った--の2ケースだ。農林水産省によると、メタミドホスは、加熱調理することで分解され毒性も弱くなる。
ギョーザは冷凍前に加熱処理されており、残留農薬の可能性は低いとみられる。

工場での製造過程での混入の可能性が高いが、厚生労働省の担当者は「限られた商品で被害が出ていることを考えると、個々の商品になる直前に混入したのではないか」とみる。
両県警の捜査では、メタミドホスは商品のパッケージから検出されている。この担当者は「包装段階が最もあり得る」と話している。
1月31日付 毎日新聞より

続々と被害の報告が出ている中国製餃子の一件を、自分も取り上げたいと思います。
今回の事件の原因となったメタミドホスは、加熱調理することで分解され毒性も弱くなるようなので、製造過程を考えると「包装段階が最も有り得る」という厚生労働省の担当者の言葉は的を射ていると思います。

生産工場で何者かが意図的に混入させた可能性が高いのであれば、中国製の餃子が危ないのではなく、中国で製造された食品全てに今回のような事件が起こりうる可能性は確実にあるという事ではないでしょうか。

健康食品等の人気が高いように、我々日本人は食に対しては非常に敏感に反応します。
衣のアウトレットは、あまり気にならない人でも、食のアウトレットが気にならない人は皆無でしょうから、今回の事件で、今までボンヤリとしていた「中国製の食品は危ない」という認識は一気に拡散し、敬遠ではなく不買という方向に進んでいくでしょう。

チャイナリスクを甘く見ていたツケが、日本の企業に回ってくるであろう事は想像に難しくありませんし、中国側の受ける打撃も決して少なくありませんが、最も被害を被るのは、生産地の偽装にまで不安を抱えながら食を選ばなくてはならない我々日本人です。

チャイナリスクが実際に自分の会社に牙を向いてくる前に、日本企業は中国から撤退しするべきです。
それが消費者からの信用と支持を得る最も簡単であり効果的な方法だと、早く気づかなくてはなりません。

人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

【2008/01/31 19:00】 | 中国産食品 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<米大統領選、シュワ知事がマケイン支持正式表明 | ホーム | 日本への旅行者数、中国が初めて米国を上回る >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/71-3d04171c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |