[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 中国人による殺人動画に垣間見れる残虐性
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

中国人による殺人動画に垣間見れる残虐性

みなさんは、youmakerというサイトをご存知でしょうか。
自分も最近知ったのですが、ここに中国人による殺人の動画が上げられていました。

非常にショッキングな映像ですから、直接リンクを付けずにアドレスだけ貼り付けておきますので、見ようと思う方は、コピーしてアドレスバーに貼ってください。
また、残酷な映像に弱い方や、食事中の方は絶対に見ないで下さい。

①http://www.youmaker.com/video/sv?id=7f35bab2c4da430a88b7f0757fd4e1b7001

②http://www.youmaker.com/video/sv?id=fedd985ffb2b438bb4fd0ffcb5a5c11d001

①は泥棒をした2人の男性が捕まり、暴行を受けて殺害される動画で、②は駆け落ちした少女が集団暴行を受け、殺害されるものですが、違う宗派の男性と駆け落ちしようとしたところを見つかり、親戚や親兄弟によって殺害されたものであるとも言われていますが、宗派が関係あるのかは定かではありません。

2つの動画に共通する事は、人間の頭に大きなブロックを平気で打ちつける等、多くの群衆の見ている中で、堂々と凄惨な殺人行為が行われている事と、見ている人々は誰も止めようとせず、警察を呼ぼうともしない事であり、日本人である自分には全く理解できません。

ここからが本題になるのですが、何故中国人は、このような残酷な仕打ちを、生きている人間に対して平気で出来るのかという疑問は、誰もが持つでしょうが、こういった残虐性を紐解くキーワードがあるようです。

中国社会の構成は極く簡単にまとめると、縦軸(血縁のつながり)として父系集団としての「宗族」があり。
横軸として仲間や連帯の契りを結んだ「幇(パンまたはホウ)」がある。

では「幇」のつながりとは、具体的にどんなものなのだろう?小室直樹先生によれば、中国人の「すべての人間関係」という集合を考えると、この集合のなかにごく一部の「幇」という部分集合をつくると、すべての人間関係は、「幇」とそれ以外に分けられるという。

「幇」と「幇以外の人間関係」の違いとは――。
ちがうのちがわないのって、根本的に違う。天地雲壌の違いである。幇内の人間関係たるや盟友も盟友、絶対的盟友である。死なばもろともである。勿論、いくら借金したって証文などごうりも必要としないことは言うまでもない。
この幇こそ中国独特の人間関係であるから、徹底的に腑に落としきっておかねばならぬ。

幇内の人間関係は、まことに生死をともにするものである。では、幇外の人間関係は、どういうことになるのだろうか。
ひとことでこれを言うと――。
何をしてもよろしい。窃取強盗ほしいまま。略奪、強姦、虐殺・・・・何をやっても少しもかまわない。いや、かまわないどころではない。それが論理であり、それが道徳である。

中国の特有の人間関係 「幇」より抜粋

自分は、このエントリーを読んで、日本における中国人犯罪の異常なまでの残虐性に対するキーワードには、反日感情だけではなく、この幇というものも含まれている事も事実ではないかと思いましたし、中共によるチベットやウイグル地区、更には法輪功修行者に対する侵略や弾圧も、その根元の部分には中国人独特の人間関係である幇というものが存在しているのではないでしょうか。

幇外の人間関係である者に対しては、何をしても良い。それが論理であり、それが道徳である。という
部分に中国人の本質の一つが垣間見れます。
北京五輪を半年後に控え、深刻な大気汚染や食品の危険性、国内における人命軽視の政策、観客のマナーやモラルなど、初歩的な開催国としての問題を多々抱えているにも関わらず、開催を強行しようとする姿勢にも、参加国の選手の安全よりも五輪の開催だけが重要であり、選手達は、開催のための道具でしかない。

参加する国や各国の選手達は、中共からすれば幇外の関係にある人間であるから、どのような目にあっても構わないし、それが論理である・・・という見方も出来るかもしれません。

忘れてはならないのは、我々日本人も明らかに幇の外に位置しているという事であり、五輪に参加するとなると、選手だけではなく観客として見に行く方も、一歩間違えると何が起こっても不思議ではない可能性を否定する事はできないという事です。

本当に、このような国で五輪が開催できるのでしょうか。
それぞれの想いを胸に、日の丸を背負う我が国を代表して舞台に立つ選手達の全ての面での安全と、観客の全ての面での安全を保証できるのでしょうか。
隣国であるから、経済的に協力関係にあるからという甘い幻想に惑わされたまま、安易に参加を表明して本当に良いのでしょうか。

自分は、断じて否であると思います。

人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

【2008/02/27 22:23】 | 中共 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top↑
<<人権擁護法案反対キャンペーンのお知らせ | ホーム | 人権擁護法案「反対」署名のお知らせ >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/78-16e295c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
û?ı????Υ?Ź?
û?λ??¢?????SEXήХΤ????Υ?????ä?????ä?? û?ı????Υ?Ź?【2008/02/28 13:03】
???ä????奭
???ä??ä?????ήб?????????¤? ???ä????奭【2008/02/28 15:13】
| ホーム |