[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 恐喝し同和書籍購入させる、会社役員逮捕…被害18億
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

恐喝し同和書籍購入させる、会社役員逮捕…被害18億

李被告の家宅捜索

広島市中区の出版会社「トラストジャパン」が企業を脅して同和関係の書籍などを購入させていたとして、広島県警公安課などは16日、同社代表取締役の李一雄被告(63)(法人税法違反罪などで起訴)ら2人を恐喝容疑で逮捕した。

また、同容疑で同市内などの役員や従業員ら9人の逮捕状を取って事情聴取しており、容疑が固まり次第、逮捕する。
調べでは、李被告らは共謀し、2005年12月ごろ、「買わないと街宣車を回す」などと岡山市内などの8社を脅して、同和関係や北方領土問題についての書籍(1冊約5万円)計約40万円を買い取らせた疑い。

県警は、李被告らが同様の手口で全国の企業を脅し、同月までの約3年間で約18億円を稼いでいたとみている。
李被告らは、書籍販売の法人税など約3億円を脱税したとして、広島地検に法人税法違反容疑で1月26日に逮捕され、15日に起訴された。
2月16日付 読売新聞より

画像を見て頂いた方は、表札を見れば分かると思いますが、李被告は通名では「木下一雄」というようです。
在日韓国・朝鮮人、ニセ同和団体、ニセ右翼団体は密接にリンクしている事が分かる一件ではないでしょうか。
そして先日のジンギスカン店の脱税事件の例もあるので、この書籍の売り上げ(?)と脱税をしていた金銭が北朝鮮に送金されている可能性は高いと思われます。

最近は朝鮮総連関連の団体・施設に対して捜査のメスが頻繁に入っていますが、水面下でしっかりと対策を練っていた警察が、本腰を入れて動き出したという事でしょうか。
安倍総理が拉致問題を重要視し、国民が拉致問題にも深い関心を示している事から、メスを入れやすくなったのでしょうか。

いずれにせよ、この事は朝鮮総連と、その関連組織を解体させる絶好の機会と言えるでしょう。
それだけではなく、日本を蝕んでいる病巣を洗い出し排除するための大きな一歩になります。

北朝鮮という犯罪テロ国家に送金をしているのが朝鮮総連関係者である事が鮮明になればなるほど、そして日本を蝕んでいる病巣を洗い出せば出すほど、日本国民の声は高まるでしょう。
そして反日国家を擁護する反日メディアが何を言おうとも、日本を貶めようとする勢力がどんな印象操作をしようと試みても、それを跳ね返すだけの圧倒的で強力な世論を形成する事ができます。

在日による理不尽な要求や圧力に対し、政府や自治体が毅然とした対応をするには、それを後押しする世論は絶対に必要不可欠です。
そのためにも今の流れを止めるべきではない、自分は強く思います。

人気blogランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

【2007/02/17 21:57】 | 在日 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「『ヨーコの話』の最大の過ちは被害者と加害者を入れ替えた点」 | ホーム | 朝鮮総連映像部製作・これが総連神戸本部捜査の全貌だ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/8-96d50b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |