[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 遺体写真に銃創 ロンドンの国際人権団体が公表
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

遺体写真に銃創 ロンドンの国際人権団体が公表

中国チベット自治区などの騒乱に関し、同自治区の人権、独立運動を支援する国際人権団体「フリー・チベット・キャンペーン」(本部・ロンドン)は18日、中国当局の治安部隊に射殺されたとする住民の写真を公開した。遺体には明確な銃創が残り、発砲を否定した中国当局の発表と食い違っている。

写真は27枚で、中国四川省北西部アバ県のキルティ僧院で16日と17日に撮影された。胸や首などを貫通した銃創を生々しく写し出しているものもある。逮捕者らの解放を求めて抗議活動を行ったチベット仏教僧ら数百人に対して中国当局の治安部隊が発砲したとする目撃者の証言を伝え、死者は13人と30人という両方の証言を紹介した。

チベット自治区のシャンパ・プンツォク主席は17日、騒乱の死者13人はいずれも暴徒による殺害や火事による焼死などで「治安部隊は発砲しておらず、戦車など人を殺害する武器は一切使っていない」と説明。中国外務省の劉建超報道官も治安部隊は「実弾を使用していない」と主張した。

同キャンペーンの広報担当者は「衝撃的な写真だ。国際社会は中国当局の武器使用を厳しく非難すべきだ」と指摘している。
3月19日付け 産経新聞より

昨日に引き続き、チベット騒乱の件を扱いたいと思います。
中共の言い分では、デモの鎮圧では催涙弾等を使い実弾を発射していないという事でしたが、またチベット民族を虐殺をしたという事実は否定できません。

中共の体質や、いかにしてチベットを侵略したかという事を少しでも知っている方であれば、誰一人として信用するはずがない「実弾を使用していないという嘘」は、全て虐殺されたチベット族の遺体が語っています。

以下に、チベット民族に対する中共の「デモの鎮圧」の結果をURLだけ載せておきますが、デモの際に殺害された遺体の写真が多数あります。見ようと思う方は、ご自身でアドレスバーに貼り付けてください。
そして、心臓の弱い方や血や遺体の写真を見たくない方などは絶対に見ないようにしてください。
http://www.tchrd.org/press/2008/pr20080318c.html
また、以下の文には写真の内容を取り上げるために、(極力控えるようにしますが)少々グロテスクな表現を用いていますので、グロテスクな表現が嫌いな方、苦手な方は以下の文章は読まないようにお願い致します。







観覧した方の中に気が付いた方もいるかもしれませんが、この写真の中には、いくつか中共の体質と嘘を暴いている写真があります。

大きく分けると3つで、背後から銃殺している事。明らかに狙いを定めた上で発砲している事。そして一般市民を銃殺している事です。

背後から撃たなければ、内臓が腹部から前方に飛び出したりはしませんし、首や胸の中心部を中心とした急所を狙っていなければ、「そこ」に銃創はないはずです。
また、裸の遺体は抗議をして「暴動の鎮圧」という名目で殺害された僧侶かもしれませんが、普通の服を着た人の遺体の写真が余りにも多すぎますので、一般市民を虐殺している事も容易に窺えるのではないでしょうか。

いくら報道統制を敷き、当局が何を言おうと、明らかに中共は虐殺を行っているという事実を語る遺体には勝てません。
侵略と弾圧、固有文化に対する冒涜、そして虐殺などが、中共の主張する「平和的な開放」の結果ですし、このような国が南京大虐殺というプロパガンダを撒き散らしているのです。

大気汚染や食害などをはじめとした数々の問題もですが、五輪を開催するべき国ではありません。
中国で五輪を開催する事は、参加する国や選手、観客にとって「百害あって一利なし」と言ってもいいでしょう。

先日台湾総統選の野党、国民党候補である馬英九氏の、「中国がチベット住民(の抗議行動)鎮圧を続ければ、当選後、北京五輪への代表団派遣をやめることも排除しない」という表明は、単に選挙戦を見据えただけではなく、中共から侵略の狙いを定められているい国家の総統に立とうとしている人間の立場から、チベットでの出来事が他人事ではないという危機感もあるのではないでしょうか。

日本の数少ない「政治家」を除いた多数の「政治屋」のなかに、どれだけチベットでの出来事に対し、馬英九氏のように危機感を持っている人がいるでしょうか。
チベットにおける侵略と弾圧が「チベット民族の開放」であると言うのであれば、「満州事変」も「支那の開放」であったのではないかと中共に聞いてみようと考える事すら、保身と利権のためにバッチをつけている「政治屋」にはないでしょう。

日本で人権人権と叫んでいる勢力は、一切沈黙をし、人権擁護法案の成立を叫んでいる古賀氏や二階氏は、チベットの一件については何も言わない事からも、日本における人権派の器と資質が浮き彫りになっています。

本当の人権侵害(蹂躙)とは、現在進行形で行われているチベットにおける中共の言動以外にありません。
国境なき記者団による北京五輪バナー


【おしらせ】
チベット人の独立・自由を支援する緊急抗議行動が、明日3月20日に行われます。

日時・内容
平成20年3月20日(木・祝)

12時30分 三河台公園 集合
  東京都港区六本木4-2-14
  東京メトロ 日比谷線・大江戸線「六本木」駅より徒歩3分

13時00分 出発
  三河台公園 ~ (六本木通り) ~ 六本木 ~ 六本木6丁目
  ~ 西麻布 ~ (外苑西通り) ~ 笄公園 にて解散

※ 約30~40分の行進ですので、歩き易い靴でご参加ください。
※ チベットの平安を願う日本国民の行動ですので、団体服等、華美な服装はご遠慮ください。

主催
草莽全国地方議員の会
誇りある日本をつくる会

報道
日本文化チャンネル桜

詳細はコチラからどうぞ

このデモの様子は、明後日あたりにエントリーとして扱おうと思いますが、当ブログのエントリーのためではなく、チベットの誇りのために戦うチベットの人々を支援したいと願う一人の日本人として参加してきますので、あまり詳細を書くことは出来ないかもしれません。

少しでも興味のある方がいましたら、一人でも多くの参加をお願い致します。
もし一人で参加する事に抵抗のある方は、メールフォームから自分に連絡を下さい。

人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

【2008/03/19 22:01】 | 中共 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<「チベット人の独立・自由を支援する緊急抗議行動」に参加してきました | ホーム | 「ダライ・ラマの主張はウソ」 温家宝首相が会見で激しく批判>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/83-35101155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
??忿????????
?!!?Υ??ä??? ??忿????????【2008/03/24 12:26】
| ホーム |