[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 聖火リレー、パリでは途中切り上げ、式典も中止
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

聖火リレー、パリでは途中切り上げ、式典も中止

パリ(Paris)で行われていた北京五輪の聖火リレーは7日、チベット(Tibet)暴動への対応をめぐり中国政府に抗議するデモが市内全域で行われた事を受け、途中で切り上げられた。

パリでの聖火リレーは、前日のロンドン(London)に続き抗議行動に遭い、聖火はリレーの最終区間となった議会前から市南部の競技場まで、バスに乗せられて運ばれた。
パリ市内では、中国政府に抗議するデモに数百人が参加して聖火リレーを妨害。当局者は何度も聖火を消して、バス内に避難せざるを得なかった。

一方、市庁舎の正面には、聖火の通過直前に、チベット旗と手錠で五輪が描かれた黒い横断幕が掲げられた。掲げたのは市議会の緑の党の党員で、これに先立ち、同じ横断幕を市庁舎の中庭に掲げていた。

また、ベルトラン・ドラノエ(Bertrand Delanoe)パリ市長は、聖火リレー通過の際に予定していた記念式典の中止を発表した。
4月8日付け AFP通信より

既にご存知の方も多いかと思いますが、「国境なき記者団」の本拠地が置かれているパリでの聖火リレーは、凄まじい抗議行動の中で中止に追い込まれた模様です。
ロンドンでの抗議行動も激しかったのですが、全世界にここまで敵視され嫌われた五輪は皆無でしょう。

BFMTVが報道した聖火リレーの動画を取り込んでおいたので、興味のある方はご覧下さい。
http://www.flipclip.net/clips/rotug/7774fe178c4cb45118252c63a58ef3d8

また、80人の聖火ランナーのうち、一部のランナーが抗議の意味として「より良い世界のために」と記したバッジを胸につけて走行。パリ市当局も「パリは人権を擁護する」という横断幕を市庁舎に掲げた。

一方、聖火リレーを歓迎する中国系住民も中国国旗を持って詰めかけ、人権団体との間で小競り合いも起きた。
4月8日付け 読売新聞より抜粋
その小競り合いの一部始終の動画も、取り込んでおいたので、興味のある方はご覧下さい。
http://www.flipclip.net/clips/rotug/438ef994127368cca0e1b35f8da2f1f4


こういった抗議の域を越えた妨害行為は、あまり誉められたものではないかもしれませんが、人の命は五輪の炎よりも神聖であり重いものでありますので、世界各国で起こっている聖火リレーに対する抗議運動を、自分は人として100%支持します。
また、何食わぬ顔で聖火リレーを歓迎しようとする中国人の神経には、不快感や嫌悪感という言葉では表現しきれない怒りを抱いてしまいます。

日本の人権団体という看板だけの「人権屋」には絶対に出来ないことですが、本当に人権という言葉を謳うのであれば、以下のような人とは思えない非道の限りを現在進行形で行っている国が、平和を謳い五輪を開催しようとすること自体がおかしい事であると主張し、五輪開催に抗議と反対の声が上がるのは、至極当然の事ではないでしょうか。
妻、娘、尼僧たちは繰り返し強姦されまくった。特に尊敬されている僧たちは狙いうちにされ、尼僧と性交を強いられたりもした。ある僧院は馬小屋にされ、僧侶たちはそこに連行されてきた売春婦との性交を強いられた。あくまで拒否した僧のある者は、腕を叩き切られ、「仏陀に腕を返してもらえ」と嘲笑された。
大勢のチベット人は、手足を切断され、首を切り落とされ、焼かれ、熱湯を浴びせられ、馬や車で引きずり殺されていった。
アムドでは高僧たちが散々殴打されて穴にほうり込まれ、村人はその上に小便をかけるよう命じられた。さらに高僧たちは「霊力で穴から飛び上がってみせろ」と中共兵に嘲(あざけ)られ、挙句に全員射殺された。怯える子供たちの目の前で両親は頭をぶち抜かれ、大勢の少年少女が家から追われて中共の学校や孤児院に強制収容されていった。

貴重な仏像は冒瀆され、その場で叩き壊されたり、中国本土へ持ち去られていったりした。経典類はトイレットペーパーにされた。僧院は馬や豚小屋にされるか、リタン僧院のように跡形もなく破壊されるかしてしまった。リタン省長は村人の見守る中で拷問され、射殺された。何千人もの村民は強制労働に駆り出され、そのまま行方不明になってしまった。僧院長たちは自分の糞便をむりやり食わされ、「仏陀はどうしたんだ?」と中共兵に嘲られた。

「中国はいかにチベットを侵略したか」126~127頁より引用


26日には長野でリレーが行われますが、仏教の国でもある日本が、ここで何も声を上げずに祝福ムードで見守るのであれば、日本は人権侵害に対する意識の希薄な国であり、完全に中共の犬であるという汚名を着ることになりかねませんので、五輪開催に対する明確な意思表示をするためにも、自分は長野に行って抗議の声をあげてきます。

ほぼ全く期待はしていませんが、聖火を持って走るランナーの中にも、五輪に対する抗議の意思表示をする人がいる事を願ってやみません。

国境なき記者団による北京五輪バナー

人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



【2008/04/08 10:07】 | 中共 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ダライ・ラマと自民・太田氏が会談 | ホーム | 不法残留20年 韓国人夫婦が提訴 「実績評価して」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/88-c9af6ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |