[PR] 別れさせ屋 反日にDIS! 中国「愛国」デモ 五輪壊す過激な民族主義
FC2ブログ

映画「南京の真実」公式サイト

南京の真実

国民による中国製品の不買を!

中国「愛国」デモ 五輪壊す過激な民族主義

北京五輪の聖火リレーをめぐって、国際社会に広がる中国批判に対し、強い反発を示す動きが中国内外で拡大している。五輪開催国で「愛国心」が盛り上がりをみせるのは当然だろうが、今回の動きは見過ごすわけにはいかない。

中国内で100以上の店舗を展開する仏大手スーパー「カルフール」の不買を呼びかける抗議行動が目立つ。携帯メールなどで「カルフールの大株主が(チベット仏教最高指導者の)ダライ・ラマ14世に資金援助している」との情報が流れたのが発端という。カルフール側が「北京五輪を支持している」と弁明してもおさまらない。標的の店舗を中国国旗が取り囲む異様な大規模デモは、仏大手自動車メーカーが進出した湖北省武漢など10都市以上に広がった。

「フランスは口を閉じろ」などと叫ぶ抗議の矛先はカルフールというより、人権重視の立場から中国政府のチベット弾圧に厳しい姿勢を示すフランスと欧米各国に向けられている。中国内の動きと連動するようにパリやロンドン、ベルリンなどでも中国人の若者らによるデモが繰り広げられた。

表現は自由だ。中国人による欧米批判も、五輪聖火リレーへの抗議と同様に非暴力である限り許されてよい。
だが、比較的客観的な報道ぶりで知られる中国中央テレビのキャスター、白岩松氏が「不買運動では問題は解決しない」と冷静な対応を呼びかけたところ、「民族の裏切り者」といった非難がネットなどに殺到した。


米ノースカロライナ州の大学でチベット支持の学生グループと中国政府支持の学生グループの仲裁にあたった中国女子留学生が、ネット上で「売国奴」とののしられ、中国の実家には汚物がまかれたというニューヨーク・タイムズ紙の報道もあった。いずれも極端な例ではあろうが、対立する意見を一切認めない脅迫的反応には一党独裁国家の影が感じられ、強い違和感をおぼえる。

日本に滞在する中国人留学生の組織が聖火リレーは「中華民族の団結力を示している」とし、26日の長野でのリレーを盛り上げるため動員計画を立てているという。節度ある行動を望みたい。

偏狭な愛国主義は排外主義に転化する。排外主義は北京五輪のスローガン「ひとつの世界、ひとつの夢」とは全く相いれない。
4月22日付け 産経新聞【主張】より

五輪やW杯等の国際的なイベントのホスト国となった国では、開催に向けた盛り上がりと同時に、原始的なナショナリズムが生まれ育つ事は珍しい事ではありませんが、意図的に敵対するべき相手を作り、その相手を憎むことによるナショナリズムの萌芽は、愛国主義ではなく愛国という名の排外主義を生み出す事にしかならないという実例を体現しているのが、現在の中国ではないでしょうか。

自国に対する根拠なき誹謗中傷に対する反応であれば、抗議の意を示すのは決して間違っているとは思いませんが、今回の一連の聖火リレーに対する抗議の核には、チベットにおける弾圧がありますし、その矛先は中共に向けられていて、中国人に対してではないのです。

しかし、中国人によるヒステリックなまでの反応と、民度の低さを露呈するような聖火リレーに対する様々な行動を起こせば起こすほど、中国という国と中国人という民族に対する反感を、世界から買うことになります。

一時期「偏狭なナショナリズム」や、「愛国教育は、排外主義を産む」といった言葉で、ネット言論に対する攻撃を必死に行っていた日本の反日メディアは、このような中国人の行動をどう思っているのか、是非とも聞いてみたいところです。

そして、長野で行われる聖火リレーの一件ですが、自分は抗議の声をあげるだけではなく、現地において中国人が傍若無人な行動をしていた場合、それも動画として撮って来るつもりです。
昨日、NHKでマレーシアでの聖火リレーで、チベット国旗を持った日本人の家族が中共支持派の団体に襲われるという事件のニュースがありましたが、中共の犬と成り果てたNHKが報道する事によって、中共からの「長野で日本人がチベットの旗を持って抗議すると、怪我をするのでやめた方がいい」といったような脅しのようなメッセージを受け取ったような気がしましたが、仮にそういった意図があるのであれば、中共は善光寺の聖火リレー協力拒否により、相当焦っているのではないかと思います。

時期が時期ですので、エントリーとして立てるかどうかは分かりませんが、2、3日中に入管や公安、そして長野県警に電話をして、聖火リレーの際における言動の怪しい中国人に対する職務質問や、現地における不法滞在者の検挙計画の有無を聞いてみたいと思います。


【お知らせ】
聖火リレーをはじめとした五輪開催問題に注目が集まってはいますが、聖火リレーの翌日でもある27日に日比谷公会堂にて、「拉致被害者救出国民大集会」が行われます。
北朝鮮による日本人拉致問題は、福田政権になってから徐々にメディアの扱いが小さくなっていますが、チベットでの人権侵害に匹敵する非常に大きな人権問題です。

詳しくはコチラをご覧下さい。
http://www.sukuukai.jp/img2/20080427.pdf

自分も運営ボランティアとして参加しますので、時間のある方は是非ともご参加下さい。


人気ブログランキングへ
共感できた方はクリックお願い致します
スポンサーサイト



テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

【2008/04/22 17:48】 | 中共 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<無事に長野から帰還しました | ホーム | 善光寺がスタート地点辞退検討 長野市の聖火リレー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rotugb.blog93.fc2.com/tb.php/92-4c71a664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
聖火リレー パリ最新情報
聖火リレーはいつから障害物競争になったんでしたっけ?聖火リレーはいつから障害物競争になったんでしたっけ? 聖火リレー 中止できな... 動画が気になる!【2008/04/23 08:27】
| ホーム |